どうも、キャリア支援センターのTです。

 

今春(2018年3月)卒業した大学生の就職率(4月1日現在)は98.0%で、前年同期より0.4ポイント増えて調査を始めた1997年卒以来過去最高となったそうです。人材系の企業が出している数字ではなく、厚生労働省と文部科学省が5月18日に発表したので信憑性は高いでしょう。上昇は7年連続で、過去最高は3年連続の更新ということで、よくわからないけどとても景気がいいし、人が足らないという状況なのでしょう。

 

ちなみに名古屋造形大学はどうかというと、【91.9%】です。

とても高水準です。でも、「全国の平均値に届いていないじゃないか!」と不安になる人もいるかもしれませんがご安心ください。

就職できていない(ように見える)8.1%の人も文科省に報告する5/1時点でできていないだけで、就職活動しています。作品制作に没頭しすぎて、就職活動スタートが劇的に遅れてしまった人もいますからね。

 

現時点で誤解を恐れずに言うのであれば、基本的には就職を希望する人であれば「どこか」には入ることができると思います。

あくまでその人次第なので約束はできませんが・・・。

「どこか」ではイヤダ!!という人は頑張って「希望する会社」に入りましょう。

 

というわけで4年生のみなさんは毎日、会社説明会からの面接というサイクルを繰り返して いることと思います。キャリア支援センターではいつでも「模擬面接(面接練習)」をしますので、いつでも来てください。

面接には「絶対に聞かれる質問」や「完璧な回答」は存在しません。
しかし、「なぜ企業は面接をするのか?」ということから、「マナー」や「心構え」、そして「ちょっとしたテクニック」に至るまでをみなさんに伝授することはできます。

 

3年生でこれを読んでいるあなたは、毎週水曜日に開催している「就活対策講座」にまずはしっかりと出席してくだされば大丈夫です。

 

それでは。